2009年01月10日

Luci


3年程?前に、多重録音機で録ったものです。

オリジナル作品です。

静かなのは 夜 光と影だけ 生きている
笑い出せない 笑いに逃げられて また 振り出しに 戻るんだね
愛を告げるのは 夜 だけど 言葉は いらない
頬に伝わる 光るものが あればいい    
だって 涙は 愛の言葉だから
動かないのは 夜  僕は 君を 待っている
月よりも 星よりも 大切なのは そりゃ 愛することだけだよね

悲しいのは 夜 恋と 愛との 違いだけ
どこまでも 続く星空よりも   消えて 輝く 流れる 星
許し合うのは 夜 街は 色づき はじめても
時に 終わりが  あるのなら  せめて 愛する 人と ともに

夜の 向こうに 灯りが 見える それだけで 許せる 明日がある
夜の 向こうは 未来が 待ってる それだけで 希望の 明日がある
静かな  夜は  あなたを 誘う 語り尽くせぬ 思いを 込めて
明日を 待てば 夜は くるさ また 違う  太陽が 昇るさ
【関連する記事】
posted by ルシ at 12:46| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

ルシ

オリジナル作品

作品名「棘まで美し」
作詞・作曲・編曲 ルシ

間奏のハープ・コーラスは、ハモリのスペシャリスト「のり」さんです。

YAMAHAのソフト、SOL2で作った最初の作品です^^
是非、聴いて下さい。

アコースティック・エレキ・ベースギターは、自分で弾いています。
ピアノ・ストリングスは、リアルタイム録音。
リズムは、打ち込みです。

「棘まで美し」

やさしさを 愛だと 勘違い  誰の せいでも ないさ
わからぬ ままに 口にするんだよ 愛って どんな ものさ

静けさは 夜を 覆って 目に見えるものだけが 正しい
君の 無口は やさしさからなのか  傷つく 言葉は ないんだね

君の頬が バラに変わるよ  誰も 振り向かずには いられない
かすかに  震えた  君の唇   君は 棘まで 美しい
 

思い込み 涙を 流すもの 時の 流れに 身を まかせ
振り返る ことに 気付いた時 行き場 無くした 影

この扉 開けるのが 恐く  開く 術さえ  今は なく
わかってもらえぬ  悲しさだから わかって やれぬ気持ちを わかろう

本当のことさえ  嘘に変わるよ  笑いに 隠れた バラの棘
かすかに  潤んだ 君の瞳   だけど 棘まで 美しい


かすかに 光った 流れる 星には すべてが  見える 薔薇の棘まで
せめて  さようならは   無言の ままで

かすかに  震えた 君の唇   君は 棘まで 美しい
posted by ルシ at 20:47| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

まさし



2007年10月20日(土)PA6時〜
笑顔の時間「L&D」FMいみず生放送

ゲスト「ノイズ」さん達を迎え、さだまさしの「案山子」を唄わせてもらいました。

木下アナの涙が・・・。

こちらも胸にくるものがあって・・・多少、音が外れた(ん、言い訳かな)
posted by ルシ at 23:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

正三

「22才の別れ」
2006年11月、海王丸パークライブから抜粋!
(抜き取ってくれたのは、のりさんです)

聴き所は
dog@さんの、ナッシュビルチューニングギター
のりさんの、コーラス・ギター

船ライブでお楽しみ下さい♪
posted by ルシ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

省吾


「昨夜眠れずに 泣いていたんだろ・・・」
最初の言葉に、やられてしまいました。

posted by ルシ at 23:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。